【徹底解説】VAIO SX12、SX14で Blu-rayディスクを再生する方法

VAIO SX14
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。ISP0228です。

今回はVAIO SX12、SX14でBlu-rayディスクを再生する方法を解説していきます。

「パソコン初心者で、VAIO SX12、SX14を買ったのは良いけど、Blu-rayディスクを再生する方法が分からない。」「どんな機材を用意すれば良いか分からない」「オススメの機材は何?」等でお悩みの方向けの記事となっています。

 
 
スポンサーリンク

Blu-rayディスクを再生するには最低でも「2つの機材」が必要です

f:id:ISP0228:20200313114212p:plain
 

まず、VAIO SX12、SX14でBlu-rayディスクを再生するためには今から解説する「2つの機材」が必要です。

  • 機材1:外付けBlu-rayドライブ
  • 機材2:Blu-rayディスクを再生するための専用ソフト

VAIO SX12、VAIO SX14の場合、本体の構造上Blu-rayドライブが内蔵されていないです。

そのため、Blu-rayディスクを再生するには外付けでBlu-rayドライブが必要になります。

また、Windows 10の仕様上、Windows標準のソフトではBlu-rayディスクを再生できません。

 

そのため、Blu-rayディスクを再生するための専用ソフトを用意する必要があります。

ご存知でない方はいないと思いますが、DVDドライブでのBlu-rayディスクを再生することは構造上の都合で不可能なので注意して下さい。

ここで紹介しているものはあくまでも「最低限の機材」なので、音響等の重視したいものがあれば、他の機材を追加しても問題ありません。

 

以上のことから、VAIO SX12、SX14でBlu-rayディスクを再生するためには、最低でも「外付けBlu-rayドライブ」と「Blu-rayディスクを再生する専用ソフト」が必要です。

 

筆者オススメの機材を紹介します【理由も解説します】

f:id:ISP0228:20200220192059j:plain
 

VAIO SX12、SX14でBlu-rayディスクを再生する時のオススメの機材はこの2つです。

この2つの機材をオススメする理由は、「シンプルにamazonでの評価が高いから」、「無料ながらBlu-rayディスクを再生する機能が問題なく使えるソフトだから」です。

I-O DATA EX-BD03Kは価格も安く、信頼性が高い大手メーカー製の商品なので保証面もしっかりしています。

これは私の感想になりますが、本体の色、デザインもシンプルでカッコいい上、USB 3.0(USB 3.1 Gen1)に対応しているので、VAIO SX12、SX14との相性がいいです。

また、最近はUSB Type-Cにも対応した「I-O-DATA BRP-UT6CK」(出来ることは同じ)というモデルも販売されているので、もう少し予算を掛けられるのであればこちらもオススメです。

 

Leawo Blu-ray Playerは、無料で使用できるソフトながらディスクの再生中(一時停止を除く)に広告が表示されないので普通のプレイヤーとしてしっかり使うことができます。

また、動作が安定していて、GUIなのでパソコン初心者の方でも問題なく操作することができます。

 

その他、CDやDVD等の他の規格にも対応しているので、このソフト一つでディスク系の再生環境を整えることができます。

筆者としては「無料でBlu-rayディスクを再生する環境を整えたい」ならこのソフトに勝るものはないと思っています。

 

勿論、他の有料ソフト、1万円以上を超える機材でも問題はないです。

ですが、ある程度快適に使えて、一番安い環境を求めているのであれば、ここで紹介した機材を使うのがいいと思います。

 

以上のことから、筆者オススメの機材は「I-O DATA EX-BD03K」と「Leawo Blu-ray Player」の2つです。

 

 

【VAIO SX14限定、番外編】Ultra HD Blu-rayを再生する方法

f:id:ISP0228:20200313114617p:plain
 

ここからは番外編です。

以前、ブログでも紹介しましたが、VAIO SX14はオプションで4Kディスプレイを選択することができます。

このブログの読者様の中には、「折角、4Kディスプレイを搭載してるのだからUltra HD  Blu-rayを再生したい」と考えている方もいると思います。

 

そこで、ここからはVAIO SX14でUltra HD Blu-rayを再生する方法を解説したいと思います。

 

早速結論になりますが、Ultra HD Blu-rayディスクを再生するためには、「Ultra HD Blu-ray」という規格に対応している専用の機材を用意する必要があります。

 

そのため、先程の構成には変わりありませんが、これらの規格に対応しているものを選択しなければいけません。(先程まで紹介した外付けBlu-rayドライブは対応していないので注意してください)

 

筆者は対応している機材を購入していないですし、どれが良いか理解できてませんが、とりあえず評判の良い外付けBlu-rayドライブのリンクを貼っておきます。

 

ソフトについては先程紹介したLeawo Blu-ray Playerが対応しているので問題ないのですが、有料版のライセンスを購入することで画質を落とさずに再生することができます。

 

私は映像系にはあまり詳しくないので、これ以上の解説はしませんが、実際に使っていてこんなソフトがオススメだよといったものがあれば是非教えて下さい。

また、知り合いに映像系に詳しい方がいれば聞いてみるといいと思います。 

 

以上のことから、Ultra HD Blu-rayを再生するためにはこの規格に対応した機材が必要ということになります

 

というわけで今回の記事は以上になります。

本記事が参考になられた方は、是非「他のカテゴリーの記事」も御覧ください。

このブログでは、SONY製品とVAIO、ガジェットが好きな筆者が、ガジェット選びの参考になれるような、検証やレビューを書いています。

文章の指摘、要望、質問等ございましたらTwitterで教えて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました