【長期レビュー】3年近く使って分かったVAIOの耐久性とVAIO SX14の魅力と弱点

VAIO SX14
この記事は約11分で読めます。
スポンサーリンク

・VAIOの魅力ってどんな所?
・VAIOの弱点はどんな所?
・VAIOは他のパソコンより高いけど、それだけのお金を出す価値は何処にあるの?

このブログでは「大学生向けのパソコンの選び方」として、いくつもの記事を書いてきたが、そんな筆者が実際に使用しているPCがある。

それが、VAIO SX14とdynabook V7。

筆者はパソコンを多用する学科に在籍しているため、冗長性の確保を目的に2台のPCを保有している訳だが、今回はその中でもメインデバイスとして扱っているVAIO SX14について話す。

大学に入学して3年間、ほぼ毎日のように講義や課題をこなすために活躍しているVAIO SX14について、使用して分かった魅力と弱点を解説する。

長期使用でないと分からない点を踏まえてレビューするため、実際にVAIOを検討している方は是非参考にして欲しい。

スポンサーリンク

筆者のVAIO SX14について

筆者のVAIO SX14は2020年1月に発表されたVJS142というモデルである。
スペックは以下の通り。

筆者が使用しているVAIO SX14の仕様

初期状態からの変更点として、CPUをCore i7にしたことやストレージを512GBへ増量、ディスプレイを4Kにしたこと、LTEに対応させたことが挙げられる。

尚、4年保証に加入することや特別仕様のRED EDITIONを選択するため、VAIO STOREで購入している。

VAIO SX14の魅力

VJS142の魅力

様々な環境でPCを充電できる「5Vアシスト充電」

VAIO SX14は基本的に様々な環境で充電が出来る。
それを実現しているのが「5Vアシスト充電」という機能。

この機能があることで、モバイルバッテリーであろうが、コンビニなどで売っている出力低い充電器であろうと、USB Type-C端子から電源供給があれば充電することができる

USB PDに対応していないACアダプターやモバイルバッテリーでも充電することが出来る

この機能はあくまでも緊急手段のための機能であるため充電速度等には影響するが、外出先でACアダプターを忘れたときには心強い機能となる。

だが、VAIO SX14(2022年モデル以降)では廃止されてしまった機能のため、この評価とした。
因みに、筆者は購入して以降この機能を1回も使用したことはない

全モデル共通の魅力

とにかく操作しやすい

  • ・反射を考慮したノングレアのディスプレイ
  • ・微妙に角度の付いたパームレスト
  • ・入力感覚が気持ちいいキーボード
  • ・拡張性の高いインターフェイス

これらの要素を統合すると、このような結論となる。

VAIO SX14は最初からビジネスマンの使用を想定しているため、長時間PCを操作する人々との相性は高い

実際にこれまで投稿してきた記事の大半をVAIO SX14で書いているが、手持ちのdynabook V7や他のパソコンと比べても作業後の疲労感が少ない。

ディスプレイも縁がせまいため圧迫感が少ないのが特徴

ディスプレイも14インチと少し大きく、作業領域もかなり広いほか、ノングレアタイプのため作業中に周りの景色や自分の顔が反射することもない。

一度作業すると長時間かかる課題やレポート、記事執筆もVAIO SX14だから乗り越えられていると感じている。

機能を兼ね備えた本体がとにかく美しい

過度な装飾を施しているわけではないのに本体が美しいのも魅力だろう。
それでいて、ただ美しいだけではなく機能を兼ね備えている所が評価できる。

例えば、VAIO独自とも言えるパームレストが傾くデザイン。
遠目から見るとパームレスト部分が浮いて見えるため美しく映るのだが、前述の通り、これは長時間操作しても疲れないように配慮された結果である。

画面を開くとパームレスト部分が浮き上がるのはVAIOシリーズの特徴である

全体的に機能を優先してデザインが考え抜かれているのが全モデル共通の魅力である。

本体カラー全体も大人らしい美しい色合いであり、愛着が湧きやすい。

オンライン限定の全体を黒染めしたALL BLACK EDITIONは隠し刻印のキーボードと組み合わせることで独特の一体感がある他、数量限定カラーである勝色や赤色も美しい。

光の当たり方で見え方が変わるのはRED EDITIONの魅力

筆者は数量限定カラーのRED EDITIONを購入したが、何層にも塗られた独自の赤色は光の当たり方で様々な表情を映し出し、3年近く所有している今見ても飽きない魅力がある。

実際に「相棒」という意識は高まるし、使用者のやる気を湧かせてくれるのは間違えないだろう。

シンプルなプリインストールソフト

プリインストールソフトがシステムソフトのアップデートツールと本体設定アプリ、独自のクリッピングツール、SIMカードの設定アプリ(LTE搭載モデルのみ)のみと、とにかくシンプルなため、PCに慣れている身にとっては余計なことをしなくて済む。

プリインストールアプリでPCが圧迫されることはない

正直、初心者にはオススメできない点になるが、仕事や大学の都合で沢山のソフトを入れる人にとってリソースを割く邪魔なプリインストールソフトが殆ど入っていないのは良い点である。

片手で持てる本体重量

片手で十分持てるほど軽量なのは一つの魅力

14インチのノートパソコンでありながら本体重量が1kg近くに抑えられているのも魅力の一つ。

年々、性能向上に伴って排熱などの都合で重量はかさんでいるものの、排熱パーツの改良など企業努力も相まって1kg近い重量で抑えられている。

複数の教室を移動したり、パソコンを様々な場所を持ち出す大学生にとって軽量なのはものすごく大事なこと。
それでいて本体の耐久性もかなり高いので高評価である。

VAIO SX14の弱点

VJS142の弱点

画面やキーボードにホコリや汚れが付きやすい

これは他のモデルでも共通するかもしれないが、画面やキーボードに汚れが付きやすいのが弱点である。

理由は定かではないが、キーボードと画面が本体を閉じた際に接触するため、付着した汚れが移動しているからだと推測できる。

パームレスト部分も皮脂汚れが目立ちやすい

また、パームレストも色次第では汚れがかなり目立つ
これは構造上しょうがないことなので、定期的に掃除することでしか対策できない点だ。
ただ、パームレストがアルミ製でアルマイト加工が施されているので、変色しないのは良い点である。

タッチパッドが小さい

タッチパッドが小さいのも弱点だ

ジェスチャー操作が比較的多いWindows 10/11との相性はあまり良くない。

操作できないことはないが、タッチパッドを触る際に指がパッドから直ぐにはみ出てしまうので不満に思うことが度々ある。

タッチパッドの操作性ははっきり言ってそこまで良くない

これはのちの世代(2021年モデルのVJS144以降)では改善されているので、この世代の弱点として評価した。

片手で画面を開けられない

画面を開くとパームレスト部分が持ち上がる構造のため、片手で画面を開けられないのも弱点の一つである。

慣れれば不満に思うことはないが、筆者が以前使用していたSONY VAIO S13は片手で開くことが出来たので最初の頃は少しだけ戸惑った部分だ。

尚、2021年モデル(VJS144)以降では構造が見直されたため、パームレスト部分が持ち上がる姿勢は維持しつつ、片手で画面を開けるようになっている。

Thunderbolt 3端子を搭載していない

USB Type-C端子は搭載しているものの、Thunderbolt 3を採用していない点は弱点だ。

映像出力、充電などには対応しているのに、USB 3.1 Gen2に絞られているため転送速度や拡張性が下がる。

データ転送のみではないのがせめてもの救いだが、後述するこのPCの弱点を克服する手段が使えないのは致命的である。

Type-C端子は搭載されているものの、Thunderboltには対応していない

VAIO自体、Thunderbolt 3の搭載実績はVAIO S11(2016年発売モデル)であるはずなので実装できないことはないと考えるが、何故行わなかったのかが正直言って不明だ。

これも後の世代(2021年のVJS144以降)では改善されている点なので、正直ぐぬぬ…となっている。

グラフィック性能は低い上に拡張できない

グラフィック性能が低いのも度々感じる不満点である。

処理性能は腐るほどあるのに、グラフィック性能が低いせいでゲームをこなすことができない。
グラフィック性能が低い原因としてエンジンがIntel UHD Graphicsになっているのもあるといえる。

筆者は偶にFINAL FANTASY ⅩⅣ(通称:FF14)をやることがあるが、正直画質を落とさないと快適に行うことができないし、落としても偶にカクつくことがある。

VAIO SX14でFF14をプレイする上での設定内容

ゲームは仕方ないにせよ、コロナ禍においてZoomで講義を受けている時も、偶に画面が暗くなったりと度々筆者を苛つかせてきた。

日常動作では不満を感じないが、ゲームや動画編集といったグラフィック性能が求められる場面で使用することを躊躇してしまう。

正直、内蔵グラフィックスが悪いのなら外部のものを使えば良いという考えもあり、eGPUを使用して拡張する手もあるがそれも使えない

USB Type-C端子は搭載されているものの、Thunderboltには対応していない

その理由は、前述の通りThunderbolt 3端子を搭載していないからである。
グラフィック性能については逃げ場がないので受け入れているが、今後動画制作といったことをやる際には乗り換えようと思う。

この点は後の世代(2020年冬モデルのVJS143以降)で改善されている点なので、今買う人は心配することはないだろう。

4Kモデルだとバッテリー持ちが悪い

4Kモデルを買った段階である程度覚悟はしていたが、バッテリー持ちが悪いのは気になる点だ。
正直、バッテリー駆動では2時間もバッテリーが持たないイメージである。

また、バッテリー駆動では本体の性能が若干落ちる。

何故だが知らないが、電源に接続して使用しないと性能が発揮できない上に、不安感があるので電源が確保できない外出先ではサブPCを使用することが多い。

これも後の世代(VJS144以降)では改善されているとのことなのでこの評価とした。

高負荷時にファンがうるさい

パソコンに高負荷をかけているととにかくファンがうるさい。

これはしょうがないことだが、Zoomやゲームをしている時にファンの音が気にかかるレベルでうるさく回転する。

実際にミーティング時にファンの回転音がマイクに入る上、ノイズキャンセリングヘッドホンを使わなければかなり気になるレベルの騒音を出す。

PCの限界を引き出そうと必死になっているのはよく分かるが、もう少し性能をボトムアップした上で音を静かにしてほしかったと思う。

耐久性はそこまで高くない

VAIOの魅力である耐久性についても、正直な話「うーん…」となっている。
それも、筆者はこの3年の間に2回も修理に出しているのだ。

実際、冒頭で話したdynabook V7を買ったのも1回目の修理に出した時である。

確かに外部からの衝撃には強いが、高負荷をかけることが多い大学という場においては内部的に壊れる可能性が大いにある。

本体の画面に何も表示されなくなり、ノートパソコンとは?という状態になった

故障内容と修理に関しては過去の記事を参照して欲しいが、パソコンが想定している以上に負荷をかけることが多い現代において、今後ファンの故障等が多発しないか心配している点だ。

後継モデルにおいてはグラフィック性能自体に余裕が出てきたので故障率は下がっていると思うが、VJS142においては弱点といえるだろう。

全モデル共通の弱点

インターフェイス周りが微妙に使いづらい

VAIO SX14全体として、インターフェイス周りが微妙に使いづらいのが弱点である。

過去のモデルにおいて、VGAからType-Cまで様々な端子をサポートしていることは良い点である。

しかし、Thunderbolt 3をサポートしなかったり、VGAを廃してThunderbolt 3,4をサポートしたらSDカードスロットがなくなる等、微妙に使いづらくなっている。

おまけに、端子(特にUSB Type-C端子)の配置が一方に偏っているため、パソコンの置く位置に自由度がない。

VAIO SX14(VJS142)のインターフェイス(右側)
VAIO SX14(VJS142)のインターフェイス(左側)

設計などの都合上、端子の位置を変えたりすることは難しいのはよく分かるが、今一度ビジネスマンの視点に立ち返って本当に使いやすい端子や位置は何なのか?を考えて欲しいところだ。

まとめ

今回は長期使用をしないと分からないことを中心にVAIO SX14をレビューしてきた。

過去のレビューと比較してもボリュームフルになっている他、色々と意見が異なっている箇所もあるが、そこは了承して欲しい。

結局のところ、VAIO自体は非常に使いやすいパソコンである。

VAIOには一度使用したら他の機種を使えなくなる独自の魅力がある

導入費用は他の機種よりも高いが、使っているとその分の高揚感や満足感に満たされる。

持ち運びもしやすいし、処理性能の高い作業を行う人にとっては間違えない1台だといえる。

是非、予算がある人は一回でもいいので検討対象として入れて欲しいし、個人的には大学生のPCとしては最高の選択だと思っている。

「こだわったPCを使いたい」「他の人と同じPCを使いたくない」という人にとっては間違えない選択となるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました